知っていたおかげで我が身を守れた法律

知っていたおかげで我が身を守れた法律

以前住んでいたマンションの近くに

知っていたおかげで我が身を守れた法律
以前住んでいたマンションの近くに、外国の方が多く集まるバーのようなお店がありました。

ほぼ住宅街といえる場所ですが、営業はお店の性質上、夜のみやっていたようです。
ある時から、夜にそのお店からのカラオケの騒音が聞こえるようになりました。
カラオケは夜8時頃から始まり、終わるのは深夜です。
お店に防音設備などは無いようで、何を歌っているかまでまる聞こえの状態です。

子育て世帯が多いマンションなので、子供の寝る時間にはカラオケが流れていることが多く、また翌朝にはそのお店のお客さんが残していったと思われるゴミなどの不始末もあり、ほとほと困っていました。

しかし、お店の営業者にはほとんど言葉も通じないようですし、ひとりで乗り込む勇気もなく、マンションやその近辺の住宅の人たちで話し合いが持たれました。

私も自分なりにネットなどで調べた結果、騒音規制法というものにひっかかるらしいことが分かりました。
カラオケ営業などで、周辺住民に騒音の迷惑をかけるのは、どうやらNGのようです。
結局、自治会長さんが市役所に相談に行き、警察にも来てもらったようです。
その他にも違反事項があったらしく、結局お店は撤退して元の生活に戻りました。

トラブルがあった際には、相談する前に自分なりに法律も知っておいた方がいいと思った経験でした。

Copyright (C)2017知っていたおかげで我が身を守れた法律.All rights reserved.