知っていたおかげで我が身を守れた法律

知っていたおかげで我が身を守れた法律

これは、知っていたから身が守れたというよりは

知っていたおかげで我が身を守れた法律
これは、知っていたから身が守れたというよりは、知っていたから本当に助かった法律です。

昔、生まれた時から住んでいた実家が、建物は自分の物だったけれど、土地は地主さんのものでした。
地主さんが代替わりした際に、マンションを建てたいので土地を返して欲しいと言ってこられました。
とは言っても、突然のことに驚いていると、借地権法の法律がありました。
我が家はそこに住んでいたのが、祖母の代からと古く、昭和一桁台からその土地の上に住んでいまいた。なので、旧借地権が適用され、ただ出て行くだけでなく、その土地の路線価等から割り出した、立ち退き料を得られることになったからです。
それを知らなかったら、ただただ地主さんの言うことならしょうがないと、出て行かなければならなかったところでした。
実際、うちの祖父母はしょうがないから出るかというスタンスだったので、恐ろしいです。

このように、借主を守る旧借地権だったが、平成4年度から借地権法が改正されて、貸主を守る制度に変わっています。もし、自分の家がそろそろ出て行かなければという雰囲気の場合は、自分たちの借地がいつからのものなのかをきちんと調べ、弁護士に相談するのをおすすめします。

Copyright (C)2017知っていたおかげで我が身を守れた法律.All rights reserved.