知っていたおかげで我が身を守れた法律

知っていたおかげで我が身を守れた法律

私は、家を新築し

知っていたおかげで我が身を守れた法律
私は、家を新築し、住宅ローンを支払っていたのですが、繰上げ返済を頑張り、残り900万円となりました。

そうした際、私の両親が、利息を払うのは勿体ないので、900万を貸してくれるという提案をしてくれました。
もちろん、900万もらう訳ではないのですが、いきなり銀行に900万全て一括で支払いますと言っても、疑われそうです。
それに、もし贈与という形になれば、莫大な贈与税を支払わなければならなくなります。
そこで、私の兄が行政書士の勉強をしており、そういった場合は、金銭消費貸借契約書というものを作成し、きちんとお金を返しているという証明(父の銀行口座に振り込み記帳)があれば、OKという事でした。

しかし、その契約書を認めたというための、はんこを公証人役場というところでもらう必要があったのですが、そこに居たおそらく弁護士の方が、非常に偉そうで、「この契約書では、貸したという証明にならない」「税理士の先生か、弁護士の先生に相談した方が良い」などと言いだしたのです。
そんな事をすれば、何万円とお金を取られます。
けれど、きちんと法律について兄が勉強してくれていたお陰で、そんなはずはない!と直接、税務署へ行き確認をしたら、兄が作成した契約書で何も問題ないという事でした。
何も知らなければ、払わなくてもよいお金が発生していたかもしれない、出来事でした。

おすすめリンク

Copyright (C)2017知っていたおかげで我が身を守れた法律.All rights reserved.