知っていたおかげで我が身を守れた法律

知っていたおかげで我が身を守れた法律

法律って、意外に知らなくて損をしている事がたくさんあるのです

知っていたおかげで我が身を守れた法律
法律って、意外に知らなくて損をしている事がたくさんあるのです。

私も法律に詳しい訳ではありませんが、夫が建築関係の仕事をしているため、賃貸借契約に関する法律の知識は多少あります。そこで数年前とても助かった事件がありました。

新築マンションを購入したため、賃貸マンションを引き払おうとした時の事です。
なんと大家さんが部屋の中のリフォームをするという事で、敷金だけではお金が足りないと言って、お金を請求してきたのです。
私たちは特別汚して使っていたわけでもないのに、リフォーム費用を請求するなんておかしいです。

しかも、本来敷金は日常生活で消耗した住居の補修には当てられないと、法律で決まっているのです。
余程故意に破損した場合のみ、敷金が使用されるのです。
にもかかわらず、私たちが住んでいた物件の大家さんは、堂々と代金を請求してきたのです。

結局夫が建築法などをきちんと記載した内容証明を提出したことで、大家は請求を取り下げ敷金も返してくれたのです。
このように賃貸借契約に関する知識を持つ人が少ないのをいい事に、横暴な請求をしてくる家主が後を絶たないようです。

あの時、夫にきちんとした知識があって本当に良かったと、胸を撫でおろしました。

おすすめリンク

Copyright (C)2017知っていたおかげで我が身を守れた法律.All rights reserved.