知っていたおかげで我が身を守れた法律

知っていたおかげで我が身を守れた法律

知っているのと知らないとでは大きな違いがあります

知っていたおかげで我が身を守れた法律
知っているのと知らないとでは大きな違いがあります。またそれは、知らなかったことに気が付いてしまった時に、その差を大きく感じ、時に破損をしたと感じたり後悔したりします。そう考えると、知らないことをずっと知らないでいることと、知っていることに大きな差はないような気がしないでもありません。
ただ、やがて知ってしまって後で後悔する、と言うリスクがあります。その最たる例が、『お金』に関することだと思います。例えば、法外な金利が設定された(悪徳消費者金融などからの)お金の借り入れをしてしまう人(してしまった人)は、実は大きな損をしている可能性があります。
法律の設定範囲を超えた金利の支払いについては、支払いの必要がない上に、既に支払ってしまった違法な金利分についても、返却要求をすることが出来るのです。

その他、ローンの返済の為にローンを組む、多重債務などで苦しんでいる人も、そのまま借り入れの負の連鎖の中にずっといるよりも、思いきって自己破産処理、債務処理をした方が、良い場合もあります。一人で悩むよりも、弁護士などの専門家に相談した方が良い解決策が見つかります。

しかし、その前にまずは、無計画な借金をしないことが前提だと思います。

Copyright (C)2017知っていたおかげで我が身を守れた法律.All rights reserved.