知っていたおかげで我が身を守れた法律

知っていたおかげで我が身を守れた法律

私は大学で建築について学んでいたので

知っていたおかげで我が身を守れた法律
私は大学で建築について学んでいたので、家関連の知識は人より知っています。授業とは関係無い内容でも、豆知識好きの先生が居て、身近な法律についての豆知識を自慢していたからです。

その豆知識が、役立つ事がありました。
賃貸の退去時にトラブルが多いみたいです。
どこまで入居者負担で、どこまで管理会社負担かなどのボーダーラインについてが、一番多いと先生が言っていました。

そして、我が身にふりかかってきました。
退去する際、畳の張替えをする費用を請求されました。
これはまさしく先生が例に出して言っていたケースだったので、対応出来ました。
畳の張替えは、例えばタバコの不始末のために焦がしてしまったりなど、明らかに入居者の過失で交換せざるを得ないケースのみ、入居者負担らしいです。

でも私の場合は、私が入居した段階で畳がかなり劣化している状態でした。
そして大学4年間を過ごした為、劣化が顕著に現れていました。
で、私の方に請求が来たというわけです。

これは私に過失があるわけではなく、時間が経ったことによる劣化です。
このケースは管理会社が負担すべきです。
今はもう忘れてしまったのですが、「法律の何条に記載があるのをご存知ですか?」と管理会社に伝えたら良いと先生が言っていたので、その通りを伝えると、本当に丸くおさまりました。

おすすめリンク

Copyright (C)2017知っていたおかげで我が身を守れた法律.All rights reserved.