知っていたおかげで我が身を守れた法律

知っていたおかげで我が身を守れた法律

私はずっと賃貸住宅で暮らしていたので

知っていたおかげで我が身を守れた法律
私はずっと賃貸住宅で暮らしていたので、賃貸生活をしていて、法律を知っていて良かったということが1、2度あります。
賃貸を借りる場合、よく敷金・礼金とうものがあります。どちらも大家さんに渡るお金ですが、それぞれ別の意味合いがあります。礼金は戻ってくることはありませんが、敷金は何もなければ戻ってくる可能性があるものです。

敷金とは、いわばまさかの時に備えた保証金なので、もし何もなければ戻ってくるはずのお金です。
敷金は、家賃の滞納時や現状回復のために、あらかじめ支払っておくお金です。
現状回復というのは、故意や不注意で壊してしまったとかいうものなので、経年劣化分は借主が現状を回復する必要はないのです。

大家さんの中には、もらったものを返したくないと、色々理由をつけて返さない人もいます。そんな時に法律を知っていれば、強気に出ることも出来ますし、敷金を大家さんが言うよりも、多く戻してもらうことも出来るものです。

Copyright (C)2017知っていたおかげで我が身を守れた法律.All rights reserved.