知っていたおかげで我が身を守れた法律

知っていたおかげで我が身を守れた法律

最近、自転車を利用する人のマナーの悪さが注目を浴びており

知っていたおかげで我が身を守れた法律
最近、自転車を利用する人のマナーの悪さが注目を浴びており、それに対する対策を強めている動きや、免許制度を取り入れるといった議論も進んでいるようです。

確かに、自分の利用状況を振り返ってみると、自動車を運転している時は、違反を起こさないよう十分な注意を払っているのですが、自転車の場合は、その意識が低く、罪の意識も薄いように思います。そんな私でも、飲酒後の自転車運転は違反となることは知っています。
しかし、意外と知らない人が多いようで、自転車の飲酒運転で検挙された友人を知っています。
近所の居酒屋さんに、その友人とよく飲みに行くのですが、歩いていくにはちょっと遠い距離にあったので、二人とも自転車で足を運ぶのが習慣となっていました。
私は、あまりお酒に強い方ではないので、帰りはいつも自転車を押して歩いて帰っていたのですが、友人は全然酔っていないと言って、自転車に乗って帰っていました。

帰り道が分かれる箇所を過ぎ、それぞれが別々の方向に進み始めてすぐに、パトカーの赤色灯に気付いた私は、後ろを振り返ってみると、友人が警察官に注意されていました。
友人は罰金を支払う形となってしまったのですが、後日、そのことについて聞いてみると、そもそも自転車の飲酒運転が法律違反である事自体を知らなかったようでした。

お酒に強くないこと、そしてこれが法律違反になる事を知っていたので、私は助かりましたが、確かに自転車に関する法律の強化は必要なのでは?と思わせる出来事でした。

おすすめリンク

Copyright (C)2017知っていたおかげで我が身を守れた法律.All rights reserved.