知っていたおかげで我が身を守れた法律

知っていたおかげで我が身を守れた法律

私のことではないのだが

知っていたおかげで我が身を守れた法律
私のことではないのだが、知り合いが突然、勤務している会社から解雇通告を言い渡された。それも、口頭だったという。訳が分からないまま、会社に説明を要求したが、会社の経営状態の悪化によるものという回答しか得られなかったという。
彼は、知り合いの弁護士に相談すると、30日前に通告という日数にも当てはまっているので、その通告は合法だと言われたらしい。実は、彼の他にも数人に解雇通告が出されていた。なので、会社の経営は本当に危機的だったと想像する。
そして、その知り合いの弁護士が言うのには、会社の経営が悪化しているのは本当だろう。退職金などをもらえなくなる前に、退職した方がいいと言われたらしい。その際、しっかりと退職金の金額も確認し、きちんと保証してもらうことを条件にした方がいいと言われたらしい。
結局、彼はそのあとすぐに退職し、退職金をもらい、失業保険をもらいながら、次の就職活動を始めた。失業保険をもらいながら、次の就職先が決まるまで趣味にたっぷりと没頭できたし、彼の後から退職した人は、退職金が随分と減らされたと言うので、法律のお陰もあって、いいタイミングで退職することが出来たのだろう。

Copyright (C)2017知っていたおかげで我が身を守れた法律.All rights reserved.